看護部紹介

看護部の活動

医療安全チーム

[医療安全について]

医療安全は、患者さん及び職員にとって大切なことであり、病院の根幹として全職員が共通した認識をもち実践することで医療の安全性を確保しています。医療安全管理室はその役割を担い、組織横断的に活動しています。医療安全管理係長として看護師長を配置し、さらに各職場にはリスクマネージャーも配置しリスクマネージメント部会を開催、医療安全に対する活動を行っています。

[医療安全管理係長(看護師長)]

当院では、看護師長が医療安全管理者として組織横断的に活動しています。看護師は一番患者さんと接する時間が多いため、各看護単位にはリスクマネージャーとして、副看護師長が任命され、病棟師長、そして医療安全管理者と連携をとり、安全なチーム医療が提供できるよう、スタッフへの啓蒙・支援に努めています。

院内感染チーム

[院内感染について]

感染対策小委員会は、感染管理係長または感染管理副看護師長,リンクスタッフ(薬剤師、臨床検査技師,庶務係長,医事専門職,栄養士,診療放射線技師,リハビリテーションスタッフ,看護師長,各看護単位看護師一名)を構成メンバーとし、感染に関する勉強会,職員への伝達教育,感染に関する問題点の検討,院内感染マニュアルの整備,サーベイランス活動などを実践し、感染防止に関する知識と実践技術の向上を図り、全ての職種が一丸となり院内感染の低減を目指し活動しています。
感染対策チーム(ICT)は、医師(ICDを含む),CNIC,薬剤師,臨床検査技師を構成メンバーとし、各部署の感染症発生状況や感染対策の実施状況等を監視し、適切な感染対策が実施されるようラウンドおよび指導を行っています。

[感染管理副看護師長(感染管理認定看護師)]

当院では、ICTメンバーやリンクスタッフと共に病院全体で感染対策に取り組み、患者様およびご家族・院内で働く全ての職員が安全に過ごせる医療環境を目指しています。その中で、感染管理認定看護師として様々な職種と連携を図りながら、現場に密着した看護実践および相談・指導を行っています。

褥瘡対策チーム

[褥瘡対策について]

褥瘡対策委員会は、入院患者の褥瘡の予防と治療を目的とし実践しています。医師、感染管理係長、薬剤師、理学療法士、病棟・手術室・外来看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、医事係長を構成メンバーとし、褥瘡に関する教育指導、マニュアルの見直し、褥瘡治療に必要な薬剤等の選定、褥瘡対策に関わるカンファレンスの実施を実践しています。また毎週月曜日に褥瘡回診を実施しています。

[皮膚・排泄ケア認定看護師]

院内全体の皮膚・排泄ケアの担当をしています。主にストーマ造設術を受ける患者さんの術前~術後・退院準備を支援し、ストーマ外来でも日常生活に戻れるようお手伝いしています。また、褥瘡、おむつかぶれ予防など、創傷ケア、失禁ケアにおいても相談を受け、新採用者や異動者など職員への教育活動も実践しています。患者さんが安心して退院後の生活を過ごすことができるよう病院スタッフ全員でサポートできるように努めています。

[ストーマ・スキンケア外来]

  • 外科外来、皮膚科外来の協力ものと人工肛門に関する外来相談を行っています。
  • がんによる創傷のケアに関する相談を受け、在宅で安心して生活できるように支援を行っています。病状に応じて他職種と連携して支援しています。
  • 皮膚科外来と連携して在宅での褥瘡処置、予防ケアの相談も行っています。
 ※毎週2回(月・水曜日)
オストメイト用トイレ(1階外科外来近くにあり)

がん看護領域

[がん看護専門看護師]

がん医療を受ける患者さんが療養上のさまざまな課題に直面した際、患者さんとご家族の揺れる気持ちに寄り添い、安心して自分らしい生活を過ごすことができるよう支援を行っています。がんの種類や病期、治療内容を問わず、患者さんとご家族に対して生活の質の視点に立ったケアを行います。また、効果的なチーム医療が実践されるよう多職種との連携や調整をはかったり、院内ではがん看護に関連した研修を担当したりしています。

[がん看護相談外来](完全予約制)

がん患者さんとご家族が抱えるがんの療養生活に関するさまざまな気がかりについて、がん看護専門看護師がお話を伺い、対処の方法についてともに考えていきます。がんに関して相談支援希望のある方は主治医、担当看護師を通じてご予約後、ご来院下さい。
※毎週火曜日

緩和ケアチーム医療

[緩和ケアについて]

緩和ケアの質の向上を目的とし、緩和ケア医師、精神科医師、がん看護専門看護師、緩和ケア認定看護師、薬剤師、臨床心理士、栄養士、MSW、入院係長をメンバーとして、緩和ケアに関する教育指導、マニュアルの見直し、入院判定会議、カンファレンスを実践しています。また、毎週月曜日に緩和ケア回診を実施しています。
緩和ケア外来に関しては『診療科のご案内』をクリックし、『部門のご案内』の【緩和ケア】をクリックしてください。

[緩和ケア認定看護師]

緩和ケア病棟入院中の患者さんとその家族のみならず、緩和ケアニーズがある病棟で相談・指導を行っています。また、緩和ケア外来の際、医師の診療に同席し緩和ケア移行における意思決定支援、質問・気がかりへの対応を行っています。

栄養サポートチーム(NST)

[栄養について]

院内では、栄養サポートチームとして、医師、看護師、栄養管理士、薬剤師、臨床検査技師などのメンバーで構成され、それぞれの立場で役割を実践している。週に1回NST回診を行い、患者さんの栄養評価や問題点を抽出し、栄養療法の検討を実践している。

地域との交流

  • ナイチンゲールの生誕を記念し、地域住民を対象に年1回「健康フェア」を開催し、地域の方々に対して、健康相談、栄養相談などを実施しています。
  • 地域住民の方へのセミナーを行っています。(糖尿病・脳卒中・緩和ケア)

このページのTopへ
Home

独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター
〒440-8510愛知県豊橋市飯村町字浜道上50番地

代表電話:0532-62-0301

FAX:0532-62-3352

All contents Copyright: 独立行政法人 国立病院機構 豊橋医療センター, All Rights Reserved.